セキスイかわら:セキスイかわらお手入れガイド:積水屋根システム株式会社

セキスイかわらお手入れガイド

セキスイかわらの種類(材質)

かわらイオルーフシリーズ(特殊高分子繊維強化セメントかわら) かわらS・SII(天然石付 ガルバリウム鋼板)
かわらMETAL・MF(ポリエステル塗装 ガルバリウム鋼板) かわらU・CITY(アクリルシリコン塗装 有機繊維強化セメントかわら)
かわらBrookシリーズ(アクリルシリコン塗装 特殊高分子繊維強化セメントかわら)
  • ガルバリウム鋼板とは、耐食性、耐熱性、加工性などに優れたアルミニウム・亜鉛合金メッキ鋼板のこと。ガルバリウム鋼板のメッキ組成は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなり、耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性などのアルミニウムの特質と、亜鉛が鉄の溶解を防止する犠牲防食作用と錆から鋼板を守る被膜保護作用で優れた耐久性を発揮。溶融亜鉛メッキ鋼板(通称トタン板)の3〜6倍以上の耐久力など、優れた特性をもつことから、風雨にさらされるような外部をはじめ、過酷な環境にさらされる部位に使われることも多く、比較的さびにくい素材。
かわらイオルーフシリーズ
現象 補修方法
藻・コケ・砂付着等の汚れ 低水圧で洗浄し、汚れがひどい場合は洗車ブラシ等で軽くこすってください。
光沢、色の変化 著しく色褪せた場合などは、再塗装してください。
塗膜の剥がれ 部分的な剥がれは補修塗料を塗布してください。広範な剥離は塗膜をケレン(こすり落としてきれいにすること)し、再塗装してください。
クラック
(微細なひび)
微細なひびは、瓦本来の品質に影響ありませんが、外観上気になる場合は、再塗装してください。
割れ、欠け コーキング充填もしくは部材を交換してください。
さびの発生
(金具、部品)
さびを取り除きさび止め塗料を施した後、上塗り塗装を行ってください。
固定釘の浮き、緩み 打ち直しをして頭部にシーリングをしてください。
かわらS・SIIシリーズ
現象 補修方法
藻・コケ・砂付着等の汚れ 低水圧で洗浄し、汚れがひどい場合は洗車ブラシ等で軽くこすってください。
さびの発生 さびを取り除きさび止め塗料を施した後、上塗り塗装を行ってください。
石の剥がれ タッチアップキット(補修部材)を使用し、石を復元してください。
※施工後の若干の剥がれは、多めに付着させてものが剥落している
 もので、機能・美観には問題ありません。
へこみ等の変形 本体瓦を交換してください。
固定ネジの緩み 打ち直しをした後、必要に応じタッチアップキット(補修部材)で仕上げてください。
光沢、色の変化
  • かわら表面の色合いは、天然由来に起因して、多少の差異が生じる場合があります。これは瓦の基本性能には影響ありません。
  • 初期の天然石チップの保護のために施したトップコートは、経年により消失します。その過程で一時的に白く見えることがありますが、瓦の基本性能に影響はありません。
※施工後は、山部を避け谷部を歩行してください。
かわらMETAL・かわらMFシリーズ
現象 補修方法
藻・コケ・砂付着等の汚れ 低水圧で洗浄し、汚れがひどい場合は洗車ブラシ等で軽くこすってください。
光沢、色の変化 著しく色褪せた場合などは、再塗装してください。
塗膜の剥がれ 部分的な剥がれは補修塗料を塗布してください。広範な剥離は塗膜をケレン(こすり落としてきれいにすること)し、再塗装してください。
さびの発生 さびを取り除きさび止め塗料を施した後、上塗り塗装を行ってください。
へこみ等の変形 へこみ部を新規部材で覆うカバー工法を行ってください。
かわらU・かわらCITYシリーズ(2007年9月廃番)

補修等のお問合せはセキスイかわらお客様相談センター(0120-12-6636)へご相談ください。

かわらBrookシリーズ(10年5月廃番)
現象 補修方法
藻・コケ・砂付着等の汚れ 低水圧で洗浄し、汚れがひどい場合は洗車ブラシ等で軽くこすってください。
光沢、色の変化 著しく色褪せた場合などは、再塗装してください。
塗膜の剥がれ 部分的な剥がれは補修塗料を塗布してください。広範な剥離は塗膜をケレン(こすり落としてきれいにすること)し、再塗装してください。
クラック
(微細なひび)
微細なひびは、瓦本来の品質に影響ありませんが、外観上気になる場合は、再塗装してください。
割れ、欠け コーキング充填もしくは部材を交換してください。
さびの発生
(金具、部品)
さびを取り除きさび止め塗料を施した後、上塗り塗装を行ってください。
固定釘の浮き、緩み 打ち直しをして頭部にシーリングをしてください。
積水屋根システムお客様相談窓口:フリーダイヤル0120-12-6636